カードローンの限度額は参考程度に

カードローンの限度額については、借りられる金額と錯覚しがちですが、これは極度額と言われるものであり、業者が個人に融資できる最高額という意味があります。そのため、限度額500万円のプロミス融資でも、実際の借入額は100万円以下になることも多いのです。

限度額は借りられる金額ではなく、あくまで参考程度に考えておいた方がいいでしょう。各人の経済能力・信用度に応じて枠が用意されますので、100万円を希望しても30万円しか借りられないこともありますし、逆に30万円を希望したのに100万円まで融資可能だと言われることもあります。

後者の場合については、枠は30万円のままにして借りた方がいいでしょう。借入額が30万円と100万円では、単純計算で利息に3倍以上の差が生じます。月の返済額が3倍に増えるということですから、無理な借り入れをしてはいけません。

カードローンで融資を受けられる上限額は、総量規制(自分の年収)も関係してきます。年収の3分の1まで借りることができますが、実際には4分の1または5分の1くらいになると考えておいた方がいいでしょう。年収450万円の方ならば、100万円借りることができれば成功だと言えます。

カードローン利用の際の知っておきたい注意点

カードローン利用の際には知っておきたい注意点があります。まず大事な事は借りすぎに注意するということです。カードの中には給与振込などを引き下ろすためのキャッシュカードにクレジット機能が最初からついているものもあります。

借り入れをする際にもコンビニATMや銀行ATMなどからまるで自分の預金を引き下ろすかのような気軽さで、借り入れを利用することができるのです。この気軽さが借り過ぎになってしまわないように注意する必要があるのです。

気軽で簡単なのはこうした借り入れの大きなメリットですが、きちんと自己責任で返済計画を立てることでより便利な借り入れが出来るでしょう。もう一つは返済日を守るということです。一日くらい・・・と思ってしまいがちですが、カード会社はこの返済の遅れを重大な問題と捉えます。

返済日に返済ができないと、金融機関全体に通達がいき、以降のローン利用ができないばかりか、債権者は保証会社に代わり金利がアップしてしまうケースがあります。一日くらい・・・という甘えを持たずに、借りたものは期限までに返すという気持ちで借り入れをしましょう。

念のため、給与振込がされる口座でクレジットカードを作っておくと安全です。

カードローン選びはまずは大手からがおすすめ

カードローンの会社はたくさんあるため、どこから借りようかカードローンを比較する段階で悩んでしまうこともあります。まず初めてこの借り入れを利用したいという方は大手銀行系のカードを作ることをおすすめします。CMなどが入って安心感がありますし、インフラがしっかりしているのであとあと便利だからです。

中には中小でさらに金利が低いところもありますが、利用になれてきたところでこうした中小のカード会社を便利に使いこなすのがよく、最初は大手のカードが安心です。大手をおすすめする理由は、整えられたインフラです。会社帰りに、自宅近くで借入や返済がしやすいように、多くの金融機関やコンビニエンスストアのATMと契約をしているからです。

借りやすく返済しやすいという条件はカードローンでは最も大事な条件になります。ほかの選び方としては限度額でカード会社を選ぶことです。より多くの借り入れをしたい場合は限度額が大きい会社を選びましょう。限度額が大きいほど審査がしっかり行われますので、安心して借入をすることができます。

また、即日融資をしてくれるカード会社もあります。すぐにお金が入り用で困っているといったケースにはこうした即日融資をしてくれるカード会社が便利です。